映画・ドラマ

【5分で読める】おっさんずラブあらすじ後編!

ただいまamazonプライムでは「おっさんずラブ」全話無料で視聴ができます!

おっさんずラブ第5話 あらすじ

牧を春田が抱きしめてるのをみて動揺したちずはスーパーに行くと言って慌てて家を飛び出してしまう。

一旦落ち着いた牧はなんで自分を止めたのか問いただすも春田自身もうまく説明ができない。

そんな春田見て、ちずと春田はお似合いのカップルだと牧は言うが春田は全面否定。

「じゃあ付き合ってほしい」と牧は強く言い、牧の真剣な表情に圧された春田は承諾する。


その頃ちずは心の整理ができず夜の街で涙していた。


翌日いつものように一緒に出勤するも、周りに見られていないか気になって仕方がない春田の様子に複雑な気持ちになる牧。

出社するとすぐに黒澤に呼び出される春田。先日振った事について警戒するも、新しい仕事の話だった。

その仕事とは有名タレントの物件探しという極秘のものだった。

平静を装っていた黒澤だったが、内心は春田に振られた事実にとても傷ついていた。

物件探し当日、有名タレント・剣崎達巳と一緒に物件を回る春田。途中で牧と有名アイドル・室川に出くわす。


帰社後室川の可愛さにデレデレになる春田。
同じ物件で偶然出会ったことから剣崎と室川は内密に付き合っているのではと牧が言い出す。

2人がマンションに住んでいることがバレたら春田と牧の首がかかっている事を悟り、急に怯えだす春田だった。


2人のやり取りを見ていた武川(牧の元彼)が、春田をランチに誘う。

お昼を食べながらさらっと春田と牧が付き合っている事を確認する武川。
動揺する春田に牧との馴れ初めを話始めた武川が牧と別れるよう土下座して懇願する。

帰路につきながら武川から言われた事を考える春田だったが、武川に牧を渡したくない春田。
そこに幼馴染のちずが通りかかる。少し気まずい空気だったが何気ない会話を交わしながら歩く2人。
その様子をたまたま通りがかった牧が見ていた。


帰宅すると、牧から明日は買い物に行こうと誘われる。

翌日、買い物も順調でいい雰囲気の2人。そしてその頃ちずも歌麻呂(春田の後輩)とデートをしていた。


昼に春田と牧がラーメン屋に並んでいると、ちずと春田が仲良く連絡を取り合っていてその様子に牧は複雑な気持ちになる。


すると後ろに並んでいた人に押された牧がよろけて春田に掴まる。


急に近づかれ驚いた春田が
「誰が見てるかわからない、もう少し離れてほしい」
と言ってしまう。

傷ついた牧は
「自分といるのは恥ずかしい事なのか」
と問いかける。


気不味い空気になったところで牧に着信。
物件探し中のアイドル・室川からの呼び出しだった。

その頃、黒澤夫妻は離婚届を役所に出しに行っていた。


1人になった春田は砂浜でちずと合流。
ちずは歌麻呂から言われた「春田は鈍感」という言葉を思い出し、告白を決心する。

しかし春田の口から牧と付き合い始めたと切り出される。
驚きながらも平静を装ったちずは結局想いを伝えられなかった・・・

その後牧からの着信があり、春田も物件へと呼び出された。
物件には剣崎と室川と牧の3人がおり、バレることを心配した室川が物件探しを中断したいと言い始めた。

しかし剣崎はバレてもいいと思っており、むしろ堂々とすべきだと言う。
意見が分かれた2人は別れ話になってしまった。

慌てて春田が仲介に入るが、横にいた牧は自分達も恋人同士だと告白する。
世間は色々言うが、結局自分が何を大切にしたいかを考えた方がいいと説得するのだった。

話が収束するところへパパラッチが現れる。追いかける春田と牧だったが結局捕まらなかった。
翌日のニュースを心配する春田に牧がカミングアウトのことについて謝罪する。

牧は「ちゃんと好きになってもらえるように頑張る」と言うと
春田は「俺にとって牧といることは恥ずかしくない」とはっきり伝えたのだった。


翌日、記者会見で剣崎と室川が交際関係であることを公表。
公表の理由を聞かれた室川が「男性同士のカップルに会ったから」と言っていた。



剣崎や牧の発言を思い出した春田は牧と交際関係にあることをその場で発表する。

驚いた黒澤が凄まじい形相で現れた。


おっさんずラブ第6話 あらすじ

激しく動揺した黒澤が、春田と牧の関係をもう一度問う。

2人が付き合っていることを再度確認した黒澤が、感情を押し殺し祝福。
社内も2人にお祝いムードになるのだが、なぜか牧は全面否定。


お祝いムードの空気が一転。交際しているのではなく、春田の片思いで告白をしたと勘違いされてしまった。


帰宅後に否定の真意を確認する春田。
牧としてはわざわざ発表する必要はないと思い否定していたのだった。


突然、牧が風邪で倒れてしまう。牧のために食事を作ろうとするも自炊ができない春田は悪戦苦闘。
そこへ黒澤から「春田を諦めない。打倒・牧」と言った内容の長文LINEがくるのだった。



その頃長文LINEを送った黒澤は後悔しながら、牧との能力の違いに自信喪失していた。
妻の蝶子が励まし春田を振り向かせる為の作戦会議を立てる。


翌朝牧は風邪で欠勤。春田は黒澤に呼び出される。
警戒する春田だったが、仕事内容は牧の仕事の代行の依頼だった。


自宅で療養する牧の元に武川が訪れる。
春田と牧が本当は付き合ってることを知ってる武川は、なぜ牧が交際を否定したのか問う。
「春田は自分といて幸せなのかわからない」
と答える牧。
自分の幸せより他人の幸せを考える牧に複雑な感情になる武川。


牧の案件の仕事のため少し早めに物件の下見に来るとなぜか黒澤がいた。
自分に振り向いてもらうために蝶子と考えた作戦で、自分の技量や長所を見せる為に考えたのだ。
内装を見ながら、本心を話す黒澤。
春田を諦めきれない、2番目の男でもいいと言われ春田は返す言葉が見つからない。



ちずが街を歩いていると買い出し中の牧に出会う。
自分の春田への想いに気づいたちずは、春田に告白してもいいか牧に問いかける。
2人を邪魔すると言うより、自分の想いを伝えてスッキリする為の告白と聞いて牧は了承する。


平静を装っていた牧だったが不安な気持ちになるのだった。


春田が帰宅すると、食事が用意され洗濯物も畳まれていた。
冷蔵庫を開けると大量のスポーツドリンクとゼリーが入っていた。
誰か来たのかと牧に問うが、武川が来たことを言いたくない牧は適当にごまかすがしつこく聞いてくる春田に強引にキスをする。


気まずくなる空気に牧が謝ると、春田が黒澤からの再アプローチに困ってると話し出す。
そして牧も同様に武川からのアプローチに困っていると聞いた春田はカミングアウトしたことを後悔する。

春田の困った顔を見た牧は
「付き合ってる相手が自分でいいのか」
と確認すると春田は「いい」と返す。

すると牧が「両親にあってほしい」と言いだし、春田は動揺。
牧が男性の恋人を紹介するのは初めてじゃないと聞き、春田は複雑な気持ちになりながらも挨拶に行くことになるのだった。




週末、牧の実家に行くも牧の父親は激怒。
そもそも牧が同性愛者だと言うことを知らなかったらしい。

牧のことを理解していて協力的な母親と妹ではあったが、結局父親との距離は縮まず。
帰り道に春田に謝る牧だったが、「牧の家族ともっと仲良くなりたい」という言葉に牧はホッとした表情を浮かべる。



すると春田にちずから着信。
居酒屋「わんだほう」に呼び出される。


牧は先に帰るのだが玄関が開いていた。
家には春田の母があり、必要なものを取りに来ていた。
挨拶を交わし世間話をしていると、母親の

「早く孫の顔が見たい。ちずと結婚したらいいのに」

の発言に牧は傷ついてしまう。



春田が「わんだほう」に到着するといつもとは様子が違うちず。
適当な理由をつけて外に行く2人。
様子がおかしいちずに春田が話しかけると、ちずがとうとう自分の想いを伝えた。


急な告白に驚く春田だったが、自分の想いを伝え立ち去ろうとするちずを引き留める。
涙を流すちずに、思わず抱きしめる春田。



そこへ春田の母親の忘れ物を届けに家を出た牧が通りかかり、2人が抱き合っているのを見てしまった。




その後春田が帰宅すると様子がおかしい牧。
春田が問い詰めると

「自分は春田といても幸せじゃない。苦しい。好きじゃない。」

泣き出してしまった牧はついに別れを切り出す。

わけがわからなくなった春田も泣き出してしまい、自分の行動を改めると言うも

「自分のことは忘れてください」

と牧は引かない。



そしてとうとう牧は荷物をまとめて出て行ってしまった。



そして一年後、なぜか春田と黒澤は同居をしていた・・・


おっさんずラブ最終話 あらすじ

牧が家を出てってから牧とは社内でも会話を交わさなくなり、春田の生活も元のだらしないものになってしまった。
そんな春田を見かねた黒澤が、春田の家事を手伝いいつの間にか同居を始める。



生活も元に戻り牧とも普通の関係に戻ったのだが、春田は会社の新規プロジェクトで上海に行くことになる。
しかも黒澤が早期退職するとの噂が流れていた。


春田が帰宅するとテーブルには結婚雑誌が。しかも黒澤が中国語の勉強を初めており嫌な予感がする春田。


ある日2人で出かけた春田と黒澤。
カフェで休んでると突然フラッシュモブが始まり、黒澤からプロポーズをされる春田。
空気に圧された春田はプロポーズを受けてしまう。

急な展開に頭を抱える春田。結婚とは何かを考えてしまう。



上海の仕事に向けて春田から業務の仕事を引き継いでいた牧。
行動を起こさない牧に苛立った武川が牧に「恋愛は綺麗事じゃない」と喝を入れる。




そして着々と婚礼の準備を進める黒澤とまだ気持ちに整理をつけられない春田。
前向きになれていない自分の気持ちを黒澤にどう伝えるか悩んでいた。



春田と黒澤の婚礼パーティで「わんだほう」で飲む天空不動産一同。
社員が黒澤の早期退職について聞くと、黒澤は東京に残り仕事続けると答えた。


「わんだほう」を抜け出した牧を見たちずが牧を追いかけ外で話をする。

お互いの胸中を吐露する2人。
平気な顔をしていた牧だったが「辛い」とひとこと。
なぜ別れたのかちずが問うと、

「好きだから。本当に好きな人には幸せになって欲しかった。でも結局自分が傷つく前に逃げただけ」

半ば自暴自棄になった牧が叫び、ちずも一緒に叫んでいた。



そしてちずが
「今でも好きならちゃんと伝えた方がいい。後悔して欲しくない」
と伝えた。

その夜、牧は春田に翌日話がしたいと連絡をしたのだった。



翌日、仕事を終えて約束の場所に向かうも、路上に倒れてた人を助けた春田。
スマホも持っておらず、約束の時間に大幅に遅れてしまう。
なんとか約束の場所に着いた春田だったが、すでに牧の姿はなかった。



いよいよ挙式の日。

参列者はなく、春田と黒澤の2人だけでバージンロードを歩いた。
そして誓いのキスをするときーーー



春田の頭の中には牧の姿であふれていた。
突然浮かんだ牧の姿に自身でも驚く春田だったが、黒澤は全て見抜いていた。
泣き出してしまう春田に、牧の元へ行くように促す黒澤。


黒澤の粋な計らいに泣きながら牧の元へと向かう春田。



居場所がわからないままがむしゃらに走っていると道の反対側に牧を見つけた。
突然現れた春田に驚く牧。

「自分といたら春田は幸せになれない」

そうゆう牧に

「勝手に決めるな。俺は牧と一緒にいたい。結婚してほしい」

と春田が告白した。


そして牧を強く抱きしめたのだった。




一ヶ月後、上海に旅立つ春田。

自宅で荷造りをする春田と手伝う牧。
喧嘩をしながらも2人の関係を深めていく春田と牧だった。


終わり

まとめ

8/23から劇場版・おっさんずラブが公開!!

ドラマ全話をamazonプライムで無料で観ることができます。
ぜひご覧ください!